教材研究会

 2級技能士コース 機械検査科 <教科書>

2級技能士コース
機械検査科
<教科書>
職業能力開発総合大学校 基盤整備センター/編
4,123円
ISBN:978-4-7863-3211-1

厚生労働省認定教材

※ 内容は発行当時のものですので予めご承知おきください。

☆スペシャルコンテンツ☆
解答をダウンロードできます。



1967年12月 1日 初版
1986年 7月10日 改訂版
1997年 3月25日 三訂版
――――――――――――――――――――
B5判・552頁
発行日1997/03/25
    • 第1編 測定法

    • 第1章 測定用語

      • 第1節 測定の基本

      • 第2節 測定の条件

      • 第3節 測定の種類

      • 第4節 誤差と制度

      • 第5節 要素

      • 第6節 性能と特性

      • 第7節 統計的処理

    • 第2章 長さの測定

      • 第1節 長さの実用標準

      • 第2節 長さの測定機器

      • 第3節 比較測定器

      • 第4節 ゲージ

    • 第3章 角度の測定

      • 第1節 角度の測定

      • 第2節 角度の測定器

    • 第4章 ねじの測定

      • 第1節 ねじの測定要素

      • 第2節 ねじの測定

    • 第5章 測定用取付け具と測定用補助具

      • 第1節 測定用取付け具

      • 第2節 測定用補助具

    • 第6章 精密測定

      • 第1節 測定器の選択

      • 第2節 測定方法

      • 第3節 測定の誤差要因と誤差の防止



    • 第2編 検査法

    • 第1章 測定機器の精密検査

      • 第1節 日常の管理

      • 第2節 測定器の検査と定期管理

    • 第2章 機械部品の検査

      • 第1節 検査の項目

      • 第2節 長さの検査

      • 第3節 角度の検査

      • 第4節 幾何偏差の検査

      • 第5節 ねじの検査

      • 第6節 歯車の検査

      • 第7節 硬さの検査

      • 第8節 表面の粗さおよびうねりの検査

      • 第9節 官能検査

    • 第3章 工作機械の検査

      • 第1節 工作機械の運転精度検査

      • 第2節 工作機械の静的精度検査

    • 第4章 欠陥検査

      • 第1節 酸あらい法

      • 第2節 浸透探傷試験

      • 第3節 磁粉探傷試験

      • 第4節 超音波探傷試験

      • 第5節 放射線透過試験

      • 第6節 か(渦)流探傷試験

    • 第5章 日本工業規格に定める検査

      • 第1節 製造工場における検査の種類

      • 第2節 抜取り検査

    • 第6章 不良部品の是正

      • 第1節 不良の種類

      • 第2節 不良部品の是正方法



    • 第3編 品質管理

    • 第1章 品質管理用語

      • 第1節 品質管理用語一般

      • 第2節 管理図用語

      • 第3節 抜取り検査

    • 第2章 管理図

      • 第1節 x-R管理図

      • 第2節 p管理図

      • 第3節 pn管理図

      • 第4節 c管理図

      • 第5節 u管理図



    • 第4編 機械要素

    • 第1章 ねじ

      • 第1節 ねじ用語

      • 第2節 ねじの種類、形状および用途

    • 第2章 ボルト、ナット

      • 第1節 ボルトの種類、形状、用途

      • 第2節 ナットの種類と形状

    • 第3章 歯車

      • 第1節 歯車用語

      • 第2節 歯車の種類

    • 第4章 その他の機械要素の種類および用途

      • 第1節 ピン、キー、コッタ

      • 第2節 座金

      • 第3節 ばね

      • 第4節 軸と軸継手

      • 第5節 軸受

      • 第6節 カムおよびリンク装置

      • 第7節 摩擦駆動および制御

      • 第8節 ベルトおよびチェーン

      • 第9節 バルブ

      • 第10節 管継手


    • 第5編 機械工作法

    • 第1章 工作機械

      • 第1節 工作機械一般

      • 第2節 各種の工作機械

      • 第3節 加工品の精度不良

    • 第2章 ジグ、取付け具、刃物および研削といし

      • 第1節 機械加工用ジグ、取付け具

      • 第2節 切削工具と研削といし

    • 第3章 表面処理

      • 第1節 防せい

    • 第4章 手仕上げ

      • 第1節 手仕上げ作業

    • 第5章 潤滑

      • 第1節 潤滑の原理

      • 第2節 潤滑剤

      • 第3節 潤滑法

      • 第4節 切削油

    • 第6章 その他の工作法

      • 第1節 鋳造法の種類

      • 第2節 鍛造

      • 第3節 溶接

      • 第4節 板金


    • 第6編 材料

    • 第1章 金属材料と非金属材料

      • 第1節 鉄鋼材料

      • 第2節 鋳鉄と鋳鋼

      • 第3節 銅と銅合金

      • 第4節 アルミニウムとアルミニウム合金

      • 第5節 粉末や金と焼結合金

      • 第6節 その他の金属と合金

      • 第7節 金属材料の性質

      • 第8節 非金属材料

    • 第2章 金属材料の熱処理

      • 第1節 炭素鋼の熱処理

      • 第2節 熱処理により材料に生ずる欠陥の原因および防止法

    • 第3章 金属材料試験方法

      • 第1節 引張試験方法

      • 第2節 曲げ試験方法

      • 第3節 硬さの試験方法

      • 第4節 衝撃試験方法


    • 第7編 材料力学

    • 第1章 荷重、応力およびひずみ

      • 第1節 荷重、応力およびひずみの種類

      • 第2節 応力とひずみの関係

      • 第3節 切欠きの影響

      • 第4節 安全率


    • 第8編 製図

    • 第1章 製図法

      • 第1節 図形の表し方

      • 第2節 寸法記入

      • 第3節 ねじ製図

      • 第4節 歯車製図

      • 第5節 ばね製図

      • 第6節 転がり軸受の製図

      • 第7節 溶接記号

    • 第2章 材料記号

      • 第1節 鉄鋼材料および非鉄金属材料記号の表し方

    • 第3章 寸法公差およびはめあい

      • 第1節 寸法公差

      • 第2節 はめあい

      • 第3節 普通公差

    • 第4章 形状および位置の幾何公差の図示法

      • 第1節 幾何公差の種類とその記号

      • 第2節 考査の図示方法

    • 第5章 面の肌の図示法

      • 第1節 面の肌と表面粗さ

      • 第2節 表面粗さの種類

      • 第3節 面の肌の図示方法


    • 第9編 電気

    • 第1章 電気用語

      • 第1節 電流

      • 第2節 電圧

      • 第3節 電気抵抗

      • 第4節 絶縁抵抗、接地抵抗および接触抵抗

      • 第5節 電力、電力量

    • 第2章 電気機械器具

      • 第1節 電動機

      • 第2節 発電機

      • 第3節 変圧器

      • 第4節 開閉器

      • 第5節 電磁継電器(電磁リレー)

      • 第6節 蓄電池(二次電池)

    • 第3章 電気制御装置

      • 第1節 電気用図記号

      • 第2節 電気的装置の基本回路


    • 第10編 安全衛生

    • 第1章 労働災害のしくみと災害防止

      • 第1節 安全衛生の意義

      • 第2節 労働災害発生のメカニズム

      • 第3節 健康な職場づくり

    • 第2章 機械・設備の安全化と職場環境の最適化

      • 第1節 安全化・快適化の基本

      • 第2節 機械・設備の安全化

      • 第3節 職場環境の最適化

    • 第3章 機械・設備

      • 第1節 作業点の安全対策

      • 第2節 動力伝動装置の安全対策

      • 第3節 工作機械作業の安全対策

      • 第4節 機械感の通路等

    • 第4章 手工具

      • 第1節 手工具の管理

      • 第2節 手工具類の運搬

    • 第5章 電気

      • 第1節 感電の危険性

      • 第2節 感電災害の防止対策

    • 第6章 墜落災害の防止

      • 第1節 高所作業での墜落の防止

      • 第2節 開口部からの墜落の防止

      • 第3節 定位置からの墜落の防止

    • 第7章 運搬

      • 第1節 人力、道具を用いた運搬作業

      • 第2節 機械による運搬作業


    • 第8章 原材料

      • 第1節 危険物

      • 第2節 有害物

    • 第9章 安全装置・有害物抑制装置

      • 第1節 安全装置・有害物抑制装置

      • 第2節 安全装置・有害物抑制装置の留意事項

    • 第10章 作業手順

      • 第1節 作業手順の作成の意義と必要性

      • 第2節 作業手順の定め方

    • 第11章 安全衛生点検

      • 第1節 作業開始時の点検

      • 第2節 定期の点検

    • 第12章 業務上疾病の原因とその予防

      • 第1節 有害光線

      • 第2節 騒音

      • 第3節 振動

      • 第4節 有害ガス・蒸気

      • 第5節 粉じん

      • 第6節 腰痛

      • 第7節 VDT作業

    • 第13章 整理整頓、清潔の保持

      • 第1節 整理整頓の目的

      • 第2節 整理整頓の要領

      • 第3節 清潔の保持

    • 第14章 事故等における応急措置および退避

      • 第1節 一般的な措置

      • 第2節 退避

    • 第15章 労働安全衛生法とその関係法令

      • 第1節 総則

      • 第2節 安全衛生管理体制

      • 第3節 労働災害を防止するための措置

      • 第4節 労働災害を防止するための労働者の責務

      • 第5節 安全衛生教育

      • 第6節 就業制限

      • 第7節 健康管理

      • 第8節 労働基準法