教材研究会

 -研究開発を主眼とした- 生産工学入門

-研究開発を主眼とした-
生産工学入門
坂本重関
734円
ISBN:978-4-7863-0203-9


本書は、生産実務をとりまくさまざまな環境や組織の経営・管理など多岐にわたる生産工学に関する知識を理解しやすく構成し、わかりやすく記述した入門書です。


<Googleブックスで立ち読み>


1969年 初版
1985年 改訂版






A5判・248頁
発行日1985/02/10

    • 第1章 科学主義工業時代の到来

      • 第1節 持てる国ニッポン

      • 第2節 科学主義工業の意義

      • 第3節 科学主義工業時代の特色


    • 第2章 研究開発と生産工学

      • 第1節 科学的研究の3段階

      • 第2節 わが国の科学技術研究費

      • 第3節 研究開発管理の目的

      • 第4節 企業経営と研究開発

      • 第5節 企業組織内における研究所の機能

      • 第6節 研究開発と生産工学との関係


    • 第3章 生産工学の内容

      • 第1節 生産工学の目的

      • 第2節 生産工学の内容

      • 第3節 生産工学の内容の発展


    • 第4章 工業経営の本質

      • 第1節 生産の3要素と企業経営

      • 第2節 企業経営における6原則

      • 第3節 工業経営の本質

      • 第4節 工場における製造方法

      • 第5節 生産工学の目的

      • 第6節 生産工学と生産性の向上


    • 第5章 単純化・標準化・専門化・規格統一・分類および記号

      • 第1節 単純化

      • 第2節 標準化

      • 第3節 専門化

      • 第4節 規格統一

      • 第5節 分類および記号


    • 第6章 工場組織

      • 第1節 工場組織の意義

      • 第2節 工場組織の形態

      • 第3節 工場組織の研究と経営学


    • 第7章 工場計画

      • 第1節 工場立地と工場敷地の選定

      • 第2節 工場建設の要件


    • 第8章 Factory Automation(FA)と生産工学

      • 第1節 FAの意義

      • 第2節 生産工学とFMS


    • 第9章 自動化による管理

      • 第1節 自動制御

      • 第2節 コンピュータ(Computer)

      • 第3節 産業用ロボット


    • 第10章 コスト・イノベーションの時代

      • 第1節 コスト・イノベーション

      • 第2節 原価計算の重要性

      • 第3節 原価計算の目的

      • 第4節 原価の構成

      • 第5節 減価償却

      • 第6節 原価計算方法

      • 第7節 原価管理

      • 第8節 工場原価の節減方法


    • 第11章 生産管理

      • 第1節 生産工程

      • 第2節 搬送装置

      • 第3節 資材管理

      • 第4節 作業研究

      • 第5節 生産計画および製造命令

      • 第6節 工程管理

      • 第7節 品質管理

      • 第8節 工具管理


    • 第12章 工場設備の保全

      • 第1節 工場設備の生産力

      • 第2節 設備保全の重要性

      • 第3節 工場安全


    • 第13章 情報化社会の倫理学

      • 第1節 情報化社会の到来

      • 第2節 デモクラシー社会と情報化社会

      • 第3節 情報化社会における権利と義務

      • 第4節 コンピュータによる犯罪

      • 第5節 情報化社会の倫理学

      • 第6節 ノーベル賞の創設者アルフレッド・ノーベルの功罪